ここにSEOに適したホームページの紹介文が入ります。

テーマ選択

アイキャッチ画像と連動
アイキャッチ画像と連動

ここに表示させるには、以下の設定をしてください。
先ず、カテゴリー名「特集記事(変更可)」とし、カテゴリースラッグを必ず「featured」または「event」(テーマにより異なる)としてカテゴリーを作成してください。
次にタイトルと本文を記入し、アイキャッチ画像を登録します。
その投稿した記事をカテゴリー一覧から「特集記事(変更可)」を指定して投稿すると、トップページのスライド画像と連動して表示されます。
画像の下部にタイトルと抜粋された文章が表示されます。
スライド画像の移動は、画像の左右にマウスを充てると矢印アイコンが出ますので、それをクリックしてください。中央にマウスを充てると!マークが現れ、クリックすると投稿記事本文にリンクされます。
投稿記事は新しい順に設定件数分表示されます。

一覧、詳細ページは自動サムネイル
一覧、詳細ページは自動サムネイル

アイキャッチとは、その名から想像できるように「ユーザーの目を引く」といった意味があり、WordPressの記事単位にアイキャッチ用の画像を設定することができます。
WordPress登録画面でアイキャッチ画像に設定するだけで、カテゴリ一覧ページ、詳細ページ、更新履歴ページ、または固定ページに、オリジナル画像の縦横比のまま、300px幅(横幅300pxに満たない場合は高さを225px)のサムネイルを表示させ、文字の左側に配置します。
カテゴリ一覧ページのアイキャッチ画像は、詳細ページへのリンクも設定されています。

アイキャッチ画像でスライドショー
アイキャッチ画像でスライドショー

ワードプレス管理画面の「投稿」 > 「カテゴリ」ページでスライドショー機能用の新規カテゴリを追加します。
テーマによりカテゴリ名が異なりますので、ダウンロードされたテーマ名をご確認の上、設定してください。

名前を「特集記事(任意)」、スラッグをテーマ名に合わせて半角英文字で「featured」または「event」とします。「新規カテゴリを追加」ボタンを押してカテゴリを作成してください。

WordPress管理画面の新規投稿ページでカテゴリ一覧から「特集記事」を選択することで、トップページにリンクされます。

トップページでスライドショー
トップページでスライドショー

ここに表示させるには、以下の設定をしてください。
先ず、カテゴリー名「特集記事(変更可)」とし、カテゴリースラッグを必ず「featured」または「event」(テーマにより異なる)としてカテゴリーを作成してください。
次にタイトルと本文を記入し、アイキャッチ画像を登録します。
その投稿した記事をカテゴリー一覧から「特集記事(変更可)」を指定して投稿すると、トップページのスライド画像と連動して表示されます。
画像の下部にタイトルと抜粋された文章が表示されます。
スライド画像の移動は、画像の左右にマウスを充てると矢印アイコンが出ますので、それをクリックしてください。中央にマウスを充てると!マークが現れ、クリックすると投稿記事本文にリンクされます。
投稿記事は新しい順に設定件数分表示されます。

季節感、新商品、イベント紹介に活用
季節感、新商品、イベント紹介に活用

ここに表示させるには、以下の設定をしてください。
先ず、カテゴリー名「特集記事(変更可)」とし、カテゴリースラッグを必ず「featured」としてカテゴリーを作成してください。
次にタイトルと本文を記入し、アイキャッチ画像を登録します。
その投稿した記事をカテゴリー一覧から「特集記事(変更可)」を指定して投稿すると、トップページのスライド画像と連動して表示されます。
画像の下部にタイトルと抜粋された文章が表示されます。
スライド画像の移動は、画像の左右にマウスを充てると矢印アイコンが出ますので、それをクリックしてください。中央にマウスを充てると!マークが現れ、クリックすると投稿記事本文にリンクされます。
投稿記事は新しい順に設定件数分表示されます。

ネットショップにも最適
ネットショップにも最適

ネットショップを開業したいけど、どうしていいかわからない。今ネットショップは運営しているけど効果がない。
ASP運営会社にマージンを払いたくない。そんな悩みを解決するプランです。
ECサイト構築のための「ショッピングカート」を設置し、豊富な販促機能で定評のあるネットショップ開業プランをご提案します。
「会員制」の導入、「クレジット決済モジュール」「営業日設定」「配送方法」の選択、「キャンペーン特典」の付与など様々な機能を備えています。

スマートフォン・携帯サイト
スマートフォン・携帯サイト

iPhone、Android機種を中心としたスマートフォンの急速な普及により、モバイルデバイスを利用しいているインターネットユーザーがパソコン利用者を上回り、モバイルサイトを用意していないと、潜在顧客候補者の半数近くを失う可能性があります。
スマートフォンは、非常に高い処理性能とWEB技術への順応性を持ち、高速インターネット回線の整備を背景に、爆発的に普及し続けています。
そのような背景から、スマートフォンは従来の携帯版ホームページよりはるかにデザイン性に優れたリッチな表現が可能になり、新しいホームページの可能性を生み出しました。
従来の携帯向けホームページに加え、スマートフォン特有のタッチパネルの操作性を考慮したユーザビリティに優れたページを提供します。

SNS連携
SNS連携

ブログやSNSなどのソーシャルメディアの浸透により、企業のホームページ活用、商品販売などが大きく変化しつつあります。
Twitter、Facebook、Google+のソーシャルボタンに対応していますので、各SNSをご利用の方は自分のアカウントを設定するだけで、ホームページに専用ボタンが付きます。

プラグイン不要のお問い合わせページ付き
プラグイン不要のお問い合わせページ付き

プラグイン設定不要のお問い合わせメールフォームが標準で装備されています。
お問い合わせ件名、名前、メールアドレス、住所(入力オプション)、メッセージの入力項目があり、送信ボタンを押すと、WordPressの管理者メールアドレスに届きます。

ipad、iPhone、Android対応テーマ
ipad、iPhone、Android対応テーマ

「レスポンシブWebデザイン」(Responsive Web Design)とは、スマートフォンの普及を背景に、デバイスごとに複数のデザインを用意するのではなく、ブラウザの表示サイズに合わせてデザインをフレキシブルに調整する手法です。
プラグイン無しでデスクトップPC、ノートPCはもとより、タブレットPCのipadやiPhone、Android機種などのスマートフォンサイトに1つのテーマで対応します。

このページのトップへ